専門店マニュアル

専門店の陳列の考え方

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。

商品を陳列する際には、

「見やすい」

「手に取りやすい」

「選びやすい」

という3つのポイントに注意します。

つまり、目的の商品がどこに、どれだけあるのかが一目瞭然であることが重要となります。

今話題のテレワークを使ったオンラインアシスタント「フジ子さん」のスタッフ大募集!!

陳列の考え方

ここでは大量に販売する安さ、見やすさ、取りやすさだけではなく、専門店として、感性を意識した少し高単価の商品を販売する陳列手法をご紹介します。

例、陶器(食器類)の陳列

・例えば茶碗の後ろに湯呑みを置くと湯呑が良く見えませんが、後ろの湯呑の下に上げ底をして商品陳列すると、湯飲みも良く見える様になります。それほど大きな商品ではないのでトータルでディスプレィ的な見せ方をし、販売につなげる場合もあります。

例、ポーチやBAG等の陳列

・商品をベタッと置いた状態では、商品の形状が良く見えないと思いますので商品に詰め物をして物が入った状態にすると、こんな感じで使用するのだ、と理解できます。

例、ウェアー・ルームウェアーの陳列方法

主にハンガー陳列になりますが、そのような場合でもカラーや形状、デザイン、用途、価格などを考えて陳列します。

どのように陳列するかは価格戦略上、安さを訴求する場合は価格順、少し高単価の商品の販売の場合はデザインやカラーを意識して、上品に見えるような工夫をします。もちろん、形状や用途も考えて、尚且つ、アプローチ面でそれを引き立つ工夫をしなければなりません。(後の項で学びますが、ポイントオブプレゼンテーションの考え方)

例、その他箱入りのアイテムやタオルなどを陳列する場合

 商品のサイズ・向きを揃え陳列します。縦横、左右を意識して、どのように陳列すると綺麗で見え易いかが分かると思います。商品と商品の間はお客様が手に取りやすい様に1〜2cmの指の入る隙間が必要です。必ずお客様の目線を考慮して陳列しましょう。

前の項で説明した図ですが、参考に

タオルやハンカチなども、折りたたむ場合には三つ折りにしたりして端が見えなくし、タオル本来のソフトな雰囲気を見せることも大切です。

動物病院に行けなくても安心!獣医さんの往診予約サービス【ジュイクル】

お客様目線

あなたは『お客様の目線』で売場を見ていますか?と、常に自分に問いかける事で、顧客満足を意識した陳列ができるようになるのです。

自店を見慣れてくると、売場全体ではなく、商品に目線を送ってしまいがち、しかし、お客様は売場を一つの風景ようにトータルに見て自然な感覚で買い物をされるのです。

その視線の違いに気づくのが、視覚的効果のある売場作りの第一歩です。

お客様は何の固定概念も持たずに店に入って来られ、そこで『見やすい、買いやすい、選びやすい売場(お店)』と、印象を抱いて頂く為に、次の項目に気をつけ、視覚的効果を利用するのです。

視覚の範囲

 見やすい幅、見やすい高さ

・お客様の一番見やすい高さは目線の高さから胸の高さまでです。

・一般的に図の様に①→②→③→の順で視線は動きます。

・視線の最も自然な流れは、左から右へ、小さいものから大きいものへ、単価の低いものから高いものへの流れがあります。

【インビィプラスブイカーボミストA】

効率的な陳列の高さ

高さの基準には次の通り。

①最も見やすく、触りやすい高さ  

『ゴールデンライン』

 普通に立った状態でかがまずに楽に手が届く位置から、上に手を伸ばした状態で手が届き、なおかつ、商品が見えやすい腰の位置までの高さ。

②ゴールデンラインに準ずる高さ 

『シルバーライン』 

腰の高さからひざの高さで、ちょっとかがんで、取れる高さと、目の高さから上で楽に手を伸ばして取れる高さ。

③陳列には不向きな高さ 

『デッドライン』 

ゴールデンライン及びシルバーライン以外の高さ。このスペースには陳列が不向きでですが、下のデッドラインは、商品のストックスペースとして、上のデッドラインはディスプレースペースとして活用できます。

次回は、売上アップする為の什器レイアウトについて具体的に詳しく説明をしていきたいと思います。

開業など興味のある方は下記へご相談ください

→このブログの「事業概要」をご覧ください。

メールでのお問合せ可能です。nikoshiba8@gmail.com まで

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!


このnikoshibaブログのカテゴリーで専門店マニュアルで順次公開したいと思います。よろしくお願いいたします。

次回は、売上アップの為のマニュアル を勉強しましょう。

-専門店マニュアル

執筆者:

関連記事

専門店の新規開店前の手順はどのように

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。 開店までの計画 店舗が確定すると、店の内外装のイメージを決め …

専門店はどのようなお店を展開(商品MD)

どのようなお店を作るのか?商品MDの仕組み  店舗規模と営業収益の予算化と試算  どのようなお店をビジネス展開するか  イ、廉価販売、大量消費の時代はたくさんのものを作り、粗利益を落として、安くで販売 …

専門店は内外装・商品を同時に考える

こんにちはnikoshibaです。 前項ではコンセプトの重要性、ブランドの構築について学びましたが、この項では、これらを生かして自店、自社のイメージを確立するために、内外装、商品などを同時に戦略を決め …

専門店のレイアウト手法

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。 レイアウトのまとめ方 ここでは専門店の基本的なレイアウトの考 …

長続きできるビジネスとは

こんにちはnikoshibaです。 ビジネスを始めるにあたって ご支援者があり信用の構築で商売が成り立ち、お客様に喜んで頂いて報酬を頂けるという事、スタッフが共に努力してくれて繁栄があることをまず初め …