専門店マニュアル

専門店の新規開店前の手順はどのように

投稿日:2020年7月22日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。

開店までの計画

店舗が確定すると、店の内外装のイメージを決めて、業者へ工事を依頼します。並行して、次のような順序で采配する事で、効率的で無駄なく開店する事ができます。

店を運営するにあたって、出店場所のマーケティングによる商圏調査、店舗の保証金、敷金などの交渉、内外装工事をいかに安価に、コンセプトを生かしたイメージで仕上げるかで、店を成功させるカギがあると言っても過言ではないのです。

特に出店前のマーケティング調査が重要です。それによって、店舗立地での客層、所得層、感性層、などで客単価の予測や集客数の予測で売り上げ数値を掴み、経費などを勘案し、利益が出て出店可能かの判断材料にします。それらの、調査や交渉が終わると、いよいよ出店となります。

ノートン 360 月額1日あたり約19円!

順序としては

1、内装工事の打ち合わせ、レイアウトの作成と人的応援依頼(メーカー、他店舗)

2、スタッフの募集

3、カテゴリー別、棚イメージから棚割マーク数、台帳の確認

4、電話、レジ その他、什器備品の手配及び確認

5、商品注文、オープンセール商材の注文

6、包装資材、事務資材、POP、プライスカード、店印、会員カードのオーダー確認

7、新店要員の教育(レジ研修など)

8、商品搬入及び陳列

9、オープン

このような計画になるが、いかに効率的に開店するかを考えることです。

最終日の前々日には遅くとも陳列を終えるとともに、商品在庫を確認し、スタッフに置き場所の説明をします。在庫は商品毎に在庫票を添付し、棚や箱に番号などを付けて、一目で分かるようにする事で、開店後の商品の出し入れが効率的になります。勿論お客様を待たせない事で、売上げにも関係するのです。

最終日の前日にはディスプレーとプライスカード、ショーカード、オープンPOPなどを添付し、オープンセールの準備をします。

最終日には最終確認の為の基本教育(教育は前もって近くで場所を借りて終えておく)の復習及び、レジ周りの整理と準備をします。

全体の清掃、整理整頓を行い、店のリーダー(責任者)はスタッフへのお店の方針はもちろん、商品説明、商品在庫の場所、売出し商品などの説明をしておくが重要です。

オープンセールに入ると、会員募集と、売れた商品の手配を至急発注していくような流れになるのです。

このような流れとなりますが、具体的な手順としては、次の通り。

カラダとココロをととのえるオンラインヨガ

新店オープンの前準備

新店舗に入ると、大切な商品を汚さない為にも、什器等の、ほこりを取り、乾拭きをします。

内装工事して間もない場合は、床や壁等に汚れ等が付着しないように養生はしていますが、養生する紙がなければ新聞紙・ダンボール等を利用しても良いのです。靴はゴム底の運動靴で作業しなければならないのです。そうすることで汚れを防げます。

簡単な手順を説明しましょう。

①レイアウト図(店舗売場の完成図)を全員がわかる場所へ(レジ台等)貼って、全体のレイアウト図と同時に、仕上がりのイメージを説明することにより、全員で完成後の目的意識の確認ができます。

②棚割表のコピーをレイアウト表に基づいて各陳列台に貼る。

棚割表とは、各棚の商品を、どのくらいの商品種、数量を並べて陳列するかという表です。

客導線(お客様の流れ)により棚割表の左右が逆になる場合はコピーした棚割表の上部に左右逆と記入して分かりやすいようにすることです。

メガネ付きフェイスシールド

③商品の入荷をチェックします。

荷物はカートン個数をチェック後、一箱ずつ検品し、検品が終わると、棚割表に従い陳列の手順を考え、各陳列棚の付近に置きます。一番肝心なことは、二度、三度と移動しなくてすむように考えながら置く事で効率が良くなります。

メーカー毎に商品が指定納期通りに入っているか、納期計画書により入荷があるかなどをチェックをします。其の事で、あるべき商品が不足していないかを確認する事により、開店時の混乱を避けることができるのです。

 未入荷の場合は、至急メーカーさんと連絡を取り、納期に間に合わせてもらう事で解決ができます。

特にチラシや売出し掲載商品は計画通りに入荷しているかのチェックは最重要です。

この事も、前項と同じく、店の信用を考えると、開店時に商品が不足している事は絶対にあってはなりません。更に、伝票売価とチラシ掲載売価との差異はないかの確認が必要です。

指定通りにセール価格などは二重価格及び、赤札表示になっているかの確認もしてください。

歯科医も納得のクオリティ!青色LED搭載の超高速電動歯ブラシ

次回は、売上アップする新店スタッフの研修項目などについて詳しく説明をしていきたいと思います。

開業など興味のある方は下記へご相談ください

→このブログの「事業概要」をご覧ください。

メールでのお問合せ可能です。nikoshiba8@gmail.com まで


このnikoshibaブログのカテゴリーで専門店マニュアルで順次公開したいと思います。よろしくお願いいたします。

次回は、売上アップの為のマニュアル を勉強しましょう。



-専門店マニュアル

執筆者:

関連記事

専門店の仕入れ手法はどのようにすれば

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。 小売店で販売量を予測するためには単品管理(単品商品の売れ数を …

専門店のテレワーク

コロナウイルスの影響下でテレワークの必要性がある会社さんが数多く見られます。 (その方達へのアドバイス) 私たちは小売業をするなかで学び、システムを自社で開発しました。従来はシステム自体をパソコンに取 …

専門店の接客はこのように

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。 第一印象の重要性 ①なぜ第一印象が大事なのか・・・・たくさん …

専門店の仕入れ業務は

バイヤーの心構えと基本 こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、nikoshibaブログのカテゴリー欄から「専門店マニュアル」でご案内しています。 仕入の基本は信用 商品仕入はメーカー …

専門店は内外装・商品を同時に考える

こんにちはnikoshibaです。 前項ではコンセプトの重要性、ブランドの構築について学びましたが、この項では、これらを生かして自店、自社のイメージを確立するために、内外装、商品などを同時に戦略を決め …