専門店マニュアル

コロナ禍でのテレワークではシステムの導入での経費削減が不可欠

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。


丁度、現在の経済環境と同じような時期である。さて、この時代、どのようにして不況を克服してきたのか、その原点といえるのが「西鶴商法」ではないでしょうか。そこには、歴史の回帰性とか転生の輪廻のようなものがみられます。

「西鶴商法」の概要を述べてみると、元禄時代の商人の生き方、商業道徳の全てを語っている書籍があり、代表作として(日本永代蔵、世間胸算用、西鶴織留)の三部作がある。このうち「日本永代蔵」について要点を述べてみよう。

西鶴商法は、「始末、算用、才覚」の三本柱で構成されている。始末とは、初めと終わりであり、入りを量り、出ずるを、制することによって、収支のバランスを合わせよということ。つまり、始末というのは、辛抱することに通じる。

大阪商人は、勤勉であり始末第一に励んできた。それが、いつの間にか始末とは「ケチ」と解釈されるようになってきたが「始末」と「辛抱」こそが、西鶴のいう経営者が学ぶべき心のあり方だろう。次いで「算用」である。論的に言えば、算盤に合わぬこと、儲からないことはするな、という事であり、常に胸算用することである。「宵越しのカネはもたない」という、江戸町人気質と対象的だ。三つ目は「才覚」である。
ワンコインでアートを飾ろう

これこそ、西鶴商法の神髄であり、始末、算用よりも尊重され、企業者的な才覚であり、いわゆるアイデアである。松下幸之助といえば「経営の神様」と、いわれる大経営者だ。才覚を発揮することによって、巨大な松下グループ(現パナソニック)を創りあげ、その功績は、多くの書籍に残されている。要するにとりあげたい事は、この「始末、算用、才覚」を原点として考えることだと思うのです。



コロナ禍でのテレワークではシステムの導入での経費削減が不可欠

今までは、どうしても高額なPOSシステム(販売時点処理)の導入が出来なかった時代ですが、現在ではクラウドサーバーでのアプリが数多く開発され、データ管理をパソコン(PC)とインターネット(IT)でのシステムに乗せ、簡単な操作システム、パソコンでのスキャンによるPOSシステム(販売時点処理)での販売管理が可能になりました。

今回のコロナの影響下によるテレワークを叫ばれている時代に、小規模経営の為、システム構築に苦労を余儀なくされていて、小売業で一番に必要だったPOSシステム(販売時点処理)が無い専門店や小売店にも、支店経営、チェーン店経営においても、このようなアプリでパソコンの普及と機能アップ、同時にインターネット環境が整備され、売上を瞬時に掴み、在庫も把握する事ができ、仕入金額の把握、ABC分析による売上アップを図れ、さらには、販売管理データ(売上、粗利、在庫、仕入額)を日別、月別、年間で分析できる。

POSシステム(販売時点処理)のアプリで、売上の拡大、不良在庫の削減で、大手にも一歩でも近づけると思えるようになりました。もちろん本社管理機能の経費削減に、小売、卸しを問わず、売上構築、経営の合理化に役立つようになっていると思います。

それに加え、専門店、小売店を、メーカーさんや卸店をインターネットで結び、伝票のペーパーレス化も可能になっています。よろしければ私へお問い合わせください。

お問合せは nikoshibaブログの【事業概要】部分に掲載しています。

次回に続きます。

いよいよ専門店、小売店のMDに入りますが、見逃した方はカテゴリーのマニュアルの最初からどうぞ!(^^)!



-専門店マニュアル

執筆者:

関連記事

長続きできるビジネスとは

こんにちはnikoshibaです。 ビジネスを始めるにあたって ご支援者があり信用の構築で商売が成り立ち、お客様に喜んで頂いて報酬を頂けるという事、スタッフが共に努力してくれて繁栄があることをまず初め …

ブランディングの必要性

こんにちはnikoshibaです。 ブランディングがなぜ必要か 前項でコンセプトの重要性を学びましたが、マーケッティングポジション、ターゲットを捉え、これらを成功裏に導くためには、店舗、商品(メーカー …

店舗内外装・商品を同時に考える

こんにちはnikoshibaです。 前項ではコンセプトの重要性、ブランドの構築について学びましたが、この項では、これらを生かして自店、自社のイメージを確立するために、内外装、商品などを同時に戦略を決め …

小売店はどのようにして生き残るか

こんにちはnikoshibaです。 アメリカ発のリーマンショックによる、世界の金融危機下に続き、今回のコロナショックで経営を行うには、これから掲載する内容の基本部分を理解し、そして、新たなる発想が必要 …

専門店小売店の作り方

こんにちはnikoshibaです。 新型コロナの影響で多くの小売店が今後どのようにして生き残るかを模索、私は今までの小売業の基本マニュアルをどのように進化させるかによって、システム化、AI化を推進し、 …